BLOG

このブログはタイポグラファー汲地一郎の弟子達が、日頃のBOSS(汲地)の仕事などの一部をご紹介するブログです。
 

文字はバランス?


店舗や企業のロゴは良くご依頼いただきますが、
今回知人がお店をオープンさせる際、
少し変わったオーダーを頂いたのでご紹介します。
それは、自分で書いた文字を使ってロゴにしたいという内容で、
下の文字がそのオーナーさんが自ら書いたものです。



汲地は常々「誰もが自分の字に個性があり、
良い悪いではなく、ちょっとしたバランスを会得する事で、
見違えるほど雰囲気が変わるもの・・・」と言います。
汲地が文字のバランスを整え、色を加えると
こんな風にかわりました!




ロゴを使って名刺も出来上がり、
オーナーさんも大変喜んで下さいました。
広島市西区観音にオープンしたアロマオイルトリートメントの小さなサロンです。
ほっこりとした手作りイメージのロゴが
サロンとオーナーさんの雰囲気にとても合っているように思います。





2011年6月21日(火)
文字はバランス?』|タイポグラフィー

高齢者福祉施設のロゴタイプ

3年ほど前から、社会福祉法人成城会様の
CI、広報、広告、看板等のデザインを担当させていただいております。
成城会様は、広島県内2カ所(安芸郡熊野町・広島市安佐南区)におきまして、
高齢者介護・福祉サービス事業を幅広く展開されていらっしゃいます。
今回は、汲地が制作しました成城会様の高齢者福祉施設のロゴタイプを
ご紹介いたします。

小規模多機能ホーム「舞良戸」(まいらど)

高齢者介護サービス事業所「菜の華」(なのはな)

高齢者グループホーム「瓢箪家」(ひょうたんや)



いずれのロゴも、現地を訪問するのはもちろんのこと、
時にはまだ建設工事中の現場にも足を運び、
建物・内装の雰囲気を目で見て、園長、職員様の思いをお聞きしながら
筆文字に書きおこしていきました。

3番目のロゴは、今年4月にオープンした高齢者グループホーム「瓢箪家」のもの
です。
この「瓢箪家」という高齢者福祉施設には耳新しい名前は、
古来より除災招福のお守りに用いられるなど縁起のよい
「ひょうたん」にあやかって名付けられたものです。

そこであらためて「瓢箪家」のロゴをご覧下さい。
全体に丸みをもたせた文字の中に「ひょうたん」の形が見つかりませんか?
全部で6つあります。
6つ揃った「六瓢箪」は、無病(六瓢)息災のお守りになるとされているのです。

ロゴを制作する際は、
先ほどお伝えしたお客様の思いや施設(店舗)のコンセプトの他にも、
その言葉の持つ意味や言葉の周りにある背景も大切にしています。

成城会園長によりますと、
「瓢箪家」という名前・間接照明を取り入れた内装・筆文字のロゴが相まって
「居酒屋のようですね」と言われることがしばしばあるそうです。
成城会様の地域に根ざした活動の中で、
地域にお住まいの方が居酒屋のように気軽に立ち寄れ、
親しみをもっていただけることのお手伝いがこのロゴでできるのなら幸いです。

RiseUp JapanのサイトOPEN

先日掲載しましたRiseUp Japanのサイトが立ち上がりました。
BOSS以外に2名のアーティストも参加し、
Tシャツの販売をスタートしています。

RiseUp Japanのサイトはコチラです。

2011年6月02日(木)
RiseUp JapanのサイトOPEN』|お知らせ