BLOG

このブログはタイポグラファー汲地一郎の弟子達が、日頃のBOSS(汲地)の仕事などの一部をご紹介するブログです。
 

春の足音

そろそろ春の足音が聞こえてきましね。
卒業の季節、新たな旅立ちに心を引き締めていたり
新年度の目標を立てているのではないでしょうか。
冬号に引き続き、広島の季刊誌「Grandeひろしま」の春号に
汲地が書いた筆文字とエッセイが掲載されました。

今回の筆文字は「儚」です。前回掲載された「聖」とは
また雰囲気が違います。文字の含むイメージが
雰囲気に現れていますね。
同じ文字でも鋭い書体かと思えば
こんな柔らかい書体になったりと
背景に合わせた文字を生み出し
同じ文字にはなりません。
汲地の文字は表情がコロコロ変わって
色々な表現をしています。

2017年2月25日(土)
春の足音』|タイポグラフィー

The Walking Dead


Walking Dead: Road to Survival
ウォーキング デッド:ロード トゥ サバイバル
こちらの動画に、一部筆文字が起用されました。

モバイルゲームをされる方、是非TRYしてください。







2017年2月16日(木)
The Walking Dead』|タイポグラフィー

Grandeひろしま冬号


秋号に引き続き、広島の季刊誌「Grandeひろしま」の冬号に
汲地が書いた筆文字とエッセイが掲載されました。



今回の筆文字は「聖」です。前回掲載された「粋」とは
太さやにじみ方など、字のタイプがかなり違います。
汲地は書家ではないので、自分の字体というものを持たず、
そのお題に合った文字のイメージ、カタチを
デザインした筆文字が特徴です。



汲地がいつも筆文字を書いているスペースには、
何本もの筆が置いてあります。
半紙は、にじみがしっかり表現できる
高級な半紙を使用していますが、
墨は硯でするわけでなく墨汁を使用。
前回コチラ 、今回とも同じ紙と墨汁で書いています。


夏号から4回にわたって掲載される「Grandeひろしま」ですが、
次号(春号)が最後の掲載となります。
どんな文字を、どんな字体で掲載するか、
まだ決まっていないようです。

次号は3月1日(金)発売です。
お楽しみに。

2017年1月31日(火)
Grandeひろしま冬号』|タイポグラフィー

年末便り


弊社では、毎年年賀状ではなく、年末便りをこの時期に
投函させていただいております。
今年のお礼は今年のうち・・・
年内に出すため、沢山の年賀状の中に紛れ込まない
利点もあります。

いつもは一年を振り返り、一番象徴的だった一文字、
京都府・清水寺で行われる「今年の漢字」を
選んでおりましたが、今年は違う文字を選びました。


「赤」

夏にはオリンピックもあり、金メダルも多く
獲得したこともあって今年の漢字は「金」。
でしたが、広島では街中真っ赤に染まった年
だったので広島カープの「赤」という事で。
日本各地で災害も多くあり、被災された方々
には大変恐縮ではありますが、広島カープの
25年振りの優勝に一喜一憂し、多くの感動を
いただきました。
そういえばトランプ氏の「赤」いネクタイも
印象的でしたネ。
来年は激動の年になりそうな気配もありますが、
どうぞ災害のない平穏な年でありますよう、
そして皆様のご多幸をお祈りして…
暮れましてありがとうございます
 二○十六年 師 走
        有限会社ダグ・プレゼンツ
               スタッフ一同

2016年12月29日(木)
年末便り』|タイポグラフィー

金屋町発酵倶楽部が3周年を迎えました。

3年前に汲地がプロデュースした酵素風呂のお店です。
糠の「ぬ」をマークにしており、お客様にも「ぬ」で
親しんでもらっています。
「ぬ」Tシャツを作ったり、「ぬ」てぬぐいを作ったりと。


地元のテレビ番組にも取り上げていただいた事もあり
お客様も増えつつ、めでたく3年目を迎える事が
できました。

周年の記念には毎年カレンダーをプレゼントしています。
今年はことわざを筆文字に、オーナーのつぶやきを綴った
12ヵ月のカレンダー。
常連様に好評で、楽しみにしてもらっています。


酵素風呂に興味のある方、
ぜひ糠に埋まってみてください。
これからの季節、心底温まります。
年末に向けて疲れた身体を労ってあげてください。