BLOG

このブログはタイポグラファー汲地一郎の弟子達が、日頃のBOSS(汲地)の仕事などの一部をご紹介するブログです。
 

2017年度版 年賀状

2015年度も明日で終わりです。
2016年度の始まり。
年度末のこの頃、弊社は毎年のように
2017年の年賀状作成に追われています。
今年で14年目で、デザインのネタも
そろそろ尽きてしまうのでは…。 と独り言です。
新年のご挨拶の文字は、同じ文言でも新にその年ように
書いたものを使っています。
もちろん、その文字を書くのは、師匠です。
そうです。14年も同じ文言を書きながら、師匠曰く、
少しずつでも変化と進化をしていると…。
今回、手前味噌ですが、
改めて師匠の文字に感動しました。
同じ文言でこんなにも雰囲気の違う、
美しいと感じる文字に出会えて。
ありがとうございました。

2016年3月30日(水)
2017年度版 年賀状』|タイポグラフィー

弟子の手習い5

毎日筆文字を書き続け、少しずつ筆の扱いにも慣れてきたように思います。
次は「使える」筆文字を!ということで、師匠である汲地に
新たなお題をもらいました。

封筒の宛名書きです。
これにはいくつかポイントがあり、そのポイントをしっかり
抑えることでバランスが良く見えるそうです。
例えば文字の大小です。

文字一つ一つがキレイでなくても、大小を調節することによってバランス良く見えます。

僕が書いた宛名です。
半紙と違い、スペースに制約があるので難しいです。
まだまだ人に出すことができるような「使える」筆文字を書くことはできませんが、これからもバランスを意識した筆文字を書きたいと思います。

2016年3月07日(月)
弟子の手習い5』|タイポグラフィー